動作環境

本ソフトウェアをご利用いただくには、下記のシステム要件を満たした環境が必要です。

対応OS (マネージャー、クライアント)
Microsoft Windows 10 Home
Microsoft Windows 10 Pro
Microsoft Windows 10 Enterprise
Microsoft Windows 10 Education
Microsoft Windows 8.1
Microsoft Windows 8.1 Pro
Microsoft Windows 8.1 Enterprise
Microsoft Windows 8
Microsoft Windows 8 Pro
Microsoft Windows 8 Enterprise
Microsoft Windows 7 Home Basic
Microsoft Windows 7 Home Premium
Microsoft Windows 7 Professional
Microsoft Windows 7 Enterprise
Microsoft Windows 7 Ultimate
Microsoft Windows Vista Home Basic
Microsoft Windows Vista Home Premium
Microsoft Windows Vista Business
Microsoft Windows Vista Enterprise
Microsoft Windows Vista Ultimate
Microsoft Windows XP Home Edition
Microsoft Windows XP Professional
Microsoft Windows Server 2016
Microsoft Windows Server 2012 R2
Microsoft Windows Server 2012
Microsoft Windows Server 2008 R2
Microsoft Windows Server 2008


制限事項、条件等

※OSは32Bitおよび64Bit日本語版であること。(Windows XPについては、32Bit版のみ対応)
※システムにはMicrosoft .NET Framework 3.5 SP1がインストールされていること。(Windows 8、8.1、10、Server 2012、Server 2016においても必須)
※Windows XPにおいて.NET Framework 4だけがインストールされている環境では、互換性の問題のため利用できない事があります。
 その場合、.NET Framework3.5(SP1)をインストールすることで利用が可能になります。
※システムには最新のサービスパックが適用されていること。
※Window 2008(R2)、2012(R2)、2016などのサーバーOSにてクライアントプログラムを利用する場合、環境、運用方法によって機能に制限があります。
 該当するお客様はサポートまでご相談ください。
※Windows 8、8.1、10においては、デスクトップアプリケーションとして動作します。
※Windows 8、8.1、10の場合、主に下記のような機能制限があります。
 ・Windows 8、8.1、10スタイルのアプリについては、一部「利用ログ」の記録が行われないことがあります。
 ・Modern UI 画面での機能実行は動作しない場合があります。
※Windows Vista、7、8、8.1、10の場合、主に下記のような機能制限があります。
 ・「利用制限」-「ネットワーク」機能の中で、IPアドレス指定による通信パケットのブロックが行えません。(ポートブロックは可能)
 ・「利用制限」-「システム」機能の中で、「Windowsの終了を禁止する」が行えません。
※同一コンピューターにおいて、複数のユーザーが同時にログオンする運用形態には対応していません。
※Microsoft アカウントのみでのサインイン環境には対応していません。
※マネージャー及びクライアントにおいて、OSの「ディスプレイ設定」の拡大縮小を行った場合、環境によって画面表示関連機能が正常に動作しない事があります。

管理台数
1台のマネージャーにて管理可能な最大クライアント台数は5,000台です。
カスタマイズにより拡張は可能です。

ハードウェア環境
・TCP/IPによる通信が可能なネットワーク装置(NIC)
・1024*768(XGA) 以上の表示環境(マネージャーのみ)
・空き容量500MB以上のハードディスク装置

ネットワーク環境
マネージャーとクライアント間においてTCPおよびUDPでの双方向通信が可能なネットワーク環境(IPv4)
マネージャーとクライアント間で、基準ポート番号(初期値:17777)を中心として、+-100の範囲のポートがオープンになっている必要があります。(基本機能)
ファイル操作やリモートコントロールを行う場合、上記以外のポートを利用することがあります。
VPN環境等でファイアウォールを設定される場合はサポートまでご相談ください。
マネージャーのIPアドレスについては、固定アドレスにてご利用頂くことを強くお勧めします。
頻繁にマネージャーのIPアドレスが変更になる環境では、ご利用になる機能に制限が発生する場合があります。

※電源の遠隔投入機能を利用するには、Wale on LAN(ブロードキャストパケット)が通過出来ること。
※無線LAN環境における運用は、パフォーマンス等の影響により機能によっては正常に動作しない事があります。
※複数のネットワークデバイスを持つコンピュータにて利用する場合、バインドの順位が上位のアダプタを本プログラムは利用します。

Microsoft Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

ご注意
お客様の環境において、本アプリケーションが提供するすべての機能がご利用になれることを保証する訳ではありません。

ご利用になるネットワーク環境やコンピュータの性能、システムの設定内容などによっては、ご要望の機能が利用いただけないことがあります。

不明な点がございましたら、サポートまでご相談ください。